訴訟や裁判において弁護士の費用はどのくらいになるのか

裁判の弁護士費用

訴訟や裁判において勝訴しようと考えるならば、腕の立つ弁護士を依頼しなければいけませんので値段が高くなってきます。また民事訴訟などの弁護士費用においては相手にいくら請求するか、相手からいくら請求されているかということによって費用が変わってくるというのが普通になります。

民事訴訟の場合、事件の内容にもよりますが報酬額というものは30%の間で前後するといわれています。示談に持ち込めるとなった場合、この報酬金を3分の2までに下げてもらえるということもあります。これは法律事務所が定めている旧報酬規定に基づくものであるということがいえます。

時折裁判で負けた側が弁護士費用を負担するものだと勘違いしている人がいます。判決で出されるのは「訴訟費用は負けた側が負担すること」というものであり、訴訟にかかる印刷代程度の負担になります。

しかしこの印刷費も何千円とするので高いものであるということには変わりありません。

よって弁護士費用に関しては勝っても負けても負担することになるのです

しかし判決や事件の内容次第では多少相手側に負担してもらうことも可能になります。しかし交通事故などの事件でもない限りその額はごくわずかなものになるでしょう。このことからも大体裁判でかかる弁護士費用は1千万前後であるということがいえるといわれています。

裁判が続けば続くほど、費用が掛かるところもありますし、一概に上記の金額が目安であるとも言い切れません。最近では報酬規定もなくなり自由価格になっているといわれていますので依頼もしやすくなっているというのが現状です。しかしこれが長引けば経済的負担にもなりえますし、莫大なお金を事務所に払わないといけなくなってきてしまいます。

なので民事事件においてはよほどのことでない限り、示談を受け入れたほうがいいのではないかということがいえるでしょう。確かに示談というものにもメリットとデメリットがあります。それは専門の人が詳しく説明してくれるはずです。

何よりいつまでも事件を長引かせると、経済的にも精神的にもストレスやダメージを負ってしまいます。この費用は多くても1千万前後を見たほうがいいということなのでそうなる前に早めに事件を解決させて普通の日常生活に戻れるようになるといいのではないかと考えられます。実際に勝訴した場合と敗訴した場合の金額の目安がインターネット上で調べられるので調べてみるのもいいかもしれません。もしよかったら、是非参考にしてみてください。