誹謗中傷

ネット上の名誉毀損とは誹謗中傷とは?

匿名での誹謗中傷書き込み

近年インターネットの利用者が増えるとともに、ネット上での誹謗中傷が増えています。
掲示板やSNSは匿名で利用することができるので、軽い気持ちで個人や企業、団体を貶める書き込みが目立っているのです。

しかし、ネット上に書き込まれてしまった誹謗中傷は、消すことはできません。
時間が経過しても残り続けて、永遠に被害を被ることになります。

誹謗中傷となった書き込みが事実なら、それはそれで仕方がないかもしれません。
しかし、ネット上に書き込まれる誹謗中傷の大半は、事実無根の根拠に基づいています。
事実とは違う根拠に基づき被害を被り続けるのは、立派な名誉毀損に当たると考えられるでしょう。

そもそも名誉毀損とは、社会的な評価される内容であれば、事実であろうかなかろうか関係ありません。
公益性があり真実性の立証があった場合にのみ、名誉毀損は成立しないとされています。

つまり、根拠が事実でないときはもちろん、たとえ事実であっても公益性が認められなければ、名誉毀損が成立するのです。

名誉毀損罪とは何か?

一般的には、誹謗中傷とは謂われのない理由を基にした場合だけと思われがちです。

しかし、根拠が事実であっても、誹謗中傷とされ名誉毀損が成立します。

ですから、ネット上で誹謗中傷された場合には、法的な根拠を基に削除できるケースが大半です。
ネット上に誹謗中傷が書き込まれたら、速やかに削除依頼をするべきでしょう。

とはいえ、大半の管理者は素直に削除依頼に応じることは少なく、また依頼の方法も複雑で分かりにくいです。
そのため、個人が管理者に削除依頼をしても、却下されそのまま書き込みが残ってしまいます。

その結果、ネット上による誹謗中傷の被害は解決せず、いつまで経っても悪影響が残ってしまうのです。
ネットの掲示板やSNSに書き込まれた誹謗中傷を削除するなら、ネットに強い弁護士に依頼しましょう。
ネットに強い弁護士に相談してから削除依頼をすると、法的な根拠を基にしながら、管理者とやり取りできます。

管理者側が表現の自由を盾に削除依頼を拒否しても、ネットに強い弁護士が法的な根拠を示せば、書き込みを削除させることが可能です。
ネットに強い弁護士は掲示板やSNSでの削除依頼について、豊富なノウハウを持っています。
そうしたノウハウを使うことによって、速やかにネット上から個人や企業、団体の誹謗中傷を消すことができるのです。
管理者に削除依頼をするなら、ネットに強い弁護士を頼りましょう。